Skip navigation

肝臓にアルコールが入ってくると、p-450という酵素が働きます。

アルコールこのp-450という酵素は「いろいろな有害物質を無害化してくれる」働きをしてくれます。

お酒を飲むと、このp-450という酵素が活発化します。

そしてその結果、アルコール以外の薬に対しても、この解毒作用が高まってしまうことがあります。

そうなると薬の効果も薄れてくるという事態を招くことになります。
また逆にp-450は糖尿病などの血糖降下剤のような薬の薬効を高めることもあります。 このp-450は肝細胞の中に存在し、またそこには還元酵素も一緒に存在しています。

p-450には有害物質が入り込める空間があります。
そしてそこに入り込んで、解毒反応をうけます。

肝臓に入ってきたお酒の有害物質はp-450の空間に入り込みます。
と同時に還元酵素がこの有害物質に働きかけ、反応が起きます。

本来、肝臓に入り込んできた有害物質は水に溶けにくい性質を持っておりますが、還元酵素の働きを受けて、水に溶けやすい物質になり、からだの外に運ばれていきます。

肝臓に入ってきた薬も「異物」とみなされて、同じような過程を経て、からだの外に放出されてしまいます。
治療のために飲んでいる薬もこれでは何にもなりませんね。

お酒を飲んでいると、薬の作用が正しくあらわれなかったり、時には副作用が起きることもあります。

そんなお酒を飲むときに生青汁をお供にしてみてはいかがですか?