Skip navigation

にきびは初期段階の白にきび、黒にきび、そして赤にきびに分けられます。

白にきびは毛穴に角栓が詰まり、皮脂の出口がふさがれてしまったものを指します。そして毛穴に溜まった脂が透けて見える状態がこの白にきびです。

黒にきびは、毛穴に溜まった皮脂が空気に触れて酸化して、その結果、表面が黒く変色してしまう状態です。

鼻の頭、頬の毛穴に目立ちます。

 

この白にきび、黒にきびのうちにケアすることが大切です。もし、この状態で放置していると、炎症が進み、赤にきびへと変化します。

 

ケアといっても、そのにきびを治そうと1日に何度も洗顔したりすると、逆に乾燥して、その乾燥を早く修復しようと、皮下から成熟していない細胞が持ち上がり、角質層として厚くなってしまうことがあります。

まだ成熟しきれていない細胞なので、ちょっとしたことで刺激を受けやすく、剥がれて、また毛穴に溜まるという悪循環を引き起こします。

 

もし、赤にきびになってしまったら、皮膚科へ行くことをおすすめします。

 

1日の終わりに正しい毛穴ケアをしましょう。