Skip navigation

お肌の中で私たちが実際に手にふれている部分。それが表皮です。

一番上の表皮の中でこんなドラマが繰り広げられています。

表皮は一番上が角質層、一番下が基底層と呼ばれています。基底層では新しい細胞が生まれています。

その新たに生まれた細胞が新陳代謝に寄って一番上に持ち上げられ、角質細胞になります。

この細胞はつぶれて平たくなって、次から次へと重なっていきます。

以前は角質細胞は、古くなった細胞で、後は剥がれ落ちるのを待つだけ、言わば死んだ細胞とみなされていました。

ところが、1994年頃にこの死んだ角質層でバリア機能の働きが行われていることが判明しました。
積み上がった角質層、これをつなげるのが細胞間脂質と呼ばれるもので、セラミド、コレステロール、脂肪酸、これらが細胞間脂質の正体なのです。

そしてそこでは、紫外線を始めとする外からの刺激からお肌を守ってくれているのです。
でも、こも角質を取り除こうと間違ったケアを行うと、角質細胞を保護している皮脂膜が取り去られ、角質細胞が減少。当然、バリア機能も衰え、内部の水分gあ蒸発、外からも異物が侵入して、どんなコスメを使っても刺激を感じる敏感肌へと変わってしまいます。

リペアジェルは口コミNo.1 100%天然由来だからこそ