Skip navigation

歯石を取ると口内環境は変わります。
歯周病の大きな症状である口臭が減ります。

口臭のある人は歯周病であることが多いです。
その原因は食べかすなどが歯周ポケットに入り込んだり、歯垢などによろい出ている膿、また出血などが原因です。

その残ったカスからアンモニア、硫化水素などのようなニオイが発生します。

歯垢や歯の間に残っている食べかすなども取り除かれるため、口臭も押さえることができます。

後、とても面白いことには、歯の裏がザラザラすることです。
歯石がつきやすいのは前歯の裏側です。そしてその歯石が毎日、積み重なると大きくなります。

歯石を取ると、歯の表面に本来ある凸凹が現れるので、歯が一回り小さくなった感覚に襲われたり、舌の感触がおかしいと思うこともありますが、これは歯の表面が綺麗になった証拠であり、この違和感もすぐに慣れる様になります。

歯石が取れると歯が正常な状態になるため、異様な感覚に襲われることがあります。
常に、歯の状態を良く保つことが大切です。

歯周病予防、歯周ポケットを1mmまでに改善することで歯が健康に!