Skip navigation

一般的に、健康保険は美容目的の治療は使うことができないとされています。しみを治療するために医療レーザーを用いる場合は、保険を使うことは可能なのでしょうか。場合によっては、しみの治療に健康保険を使用することができます。

とはいえ、しみ治療の全てで健康保険OKというものではなく、できないものもあります。現時点では、しみの治療に有効な手段として認められているのは、皮膚科では3つになります。しみの治療効果があるレーザー光を照射するか、塗り薬を塗布するか、内服薬を飲むかです。

内服薬の摂取でしみを治療する方法か、医療用レーザーでのしみ治療が、健康保険の適用範囲になります。医療用レーザーの中でも、特定の条件を満たした治療にのみ、健康保険を使ってしみ治療ができます。

判断の境となる要素としては、治療するものがしみかあざかと、厚生労働省の許可があるかどうかです。厚生労働省が許可する医療用レーザー機器を使った治療方法でない限りは、治療費用として健康保険から出すことはできません。

しみ治療が可能な施設は多いですが、健康保険が適用される医療用レーザー機器でのしみ治療ができる医療機関は、一部です。また、健康保険を使って治療ができるしみは、傷跡がしみになってしまった場合や、太田母斑と診断された場合に限ります。