Skip navigation

ダイエットをするときにはバランスよく食材を取り入れることは基本です。
ポイントは炭水化物に偏らないことです。
タンパク質には脂肪の燃焼を促進する働きがありますので、必ず摂ることが大切です。
そして、脂質も必要です。

動物性ではなく、ごま油、オリーブオイルなどの良質な植物油を取り入れることが必要です。
脂質の不足は便秘や肌荒れの原因になります。
脂質はとりすぎなければ太る原因にはなりません。
食物繊維も重要です。キノコ類、海藻類にはカロリーがほとんどありませんが、食物繊維の他にもミネラル分が豊富に含まれています。
積極的に取り入れると空腹を我慢することもありませんし、ダイエットの食材として優れています。
食材を選択したら、調理方法の工夫をして献立を考えるとよいでしょう。揚げ物はなるべく控えることが好ましいのですが、どうしても食べたい時には野菜を多めにとる、クエン酸を使用する、炭水化物を減らすことで献立のランスを整えることができます。
食材と献立に工夫をしたら食べ方にも少し気を使うと減量効果がアップします。ゆっくりと食べる、咀嚼回数を増やし良く噛みしめて食べる、夕食は早めに済まし深夜の食事は控えるなどです。早食いは食事の量が増えてしまいますし、深夜の食事は体内に蓄積されやすいためです。
ほんの少しの工夫で体についた余分な脂肪を減らすことができるのです。

お嬢様酵素液 効果