Skip navigation

大人になってからもにきびが繰り返しできてしまい、お肌の手入れ方法を工夫しているのに思うような効果が出ないという人もいます。肌の新陳代謝が停滞していることが、大人になってからもにきびができる理由の一つです。ストレスや、不健康な生活習慣、年齢など色々な事情によって、皮膚のターンオーバーは遅れがちになります。

にきび予防の方法としては、健康増進をはかることで、ターンオーバーをスムーズにすることです。年齢と共に肌の機能は低下してくるので、ターンオーバーを改善しようとしても、自分ではなかなか上手く出来ない場合がほとんどです。基礎化粧品の中には、お肌のターンオーバーを活発にする成分や、スムーズにするための成分が含まれています。

化粧水や保湿クリームなど、お肌のお手入れに必要な化粧品は、ネットショップやドラッグストアで販売されています。一度皮膚科でにきびの症状を診てもらい、必要に応じて適切な治療を受けることも、にきびケアではいいでしょう。

にきびのできやすい肌質を治療したいという場合は、病院で医者の判断を仰ぐのも有効な方法です。にきびは、皮膚科の医院で治してもらえるお肌の問題の一つです。

治療内容によっては保険適用の場合や保険適用外のものもありますが、診察することによりにきびの状態に適した治療をしてもらえます。

病院で出してもらえるにきび用の塗り薬は、おの新陳代謝を無理矢理に早める効果がありますので、にきびが速やかに回復し、新しい皮膚ができるようになります。