Skip navigation

一口に老人ホームと言っても、様々な種類があります。

介護の程度や目的によって利用出来る施設が異なります。

それでは、具体的にはどのような種類があるのでしょうか。

老人ホームには、主に医療法人や社会福祉法人などの
公的施設が運営する「介護保険施設」や「福祉施設」、
民間事業者が運営する「有料老人ホーム」や
いわゆるサ高住といわれる「サービス付き高齢者向け住宅」「グループホーム」などがあります。

「介護保険施設」は主に重度の要介護者を受け入れる施設で、
いわゆる特養と言われる「特別養護老人ホーム」や
「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」といった種類があります。

公的施設ですので、費用は比較的安く抑えられます。

「福祉施設」には「ケアハウス」「養護老人ホーム」があります。

「ケアハウス」は家族からの援助や同居が困難で、
低所得の高齢者を対象にした施設で、所得制限があります。

「養護老人ホーム」は家庭環境や経済的な理由によって
自宅で生活する事が困難な人を対象とした施設です。

「有料老人ホーム」は入所者の健康状態やサービス内容によって
「介護付」「住宅型」「健康型」の3種類に分けられます。

「サービス付き高齢者向け住宅」は高齢者が安心して暮らせるように
一定の基準が設けられた賃貸住宅です。

「グループホーム」は認知症の高齢者が複数人で共同生活をする施設です。

遺品整理