Skip navigation

この時期、送別会や歓迎会で飲む機会が何かと多くなりますよね。でも、こう飲み会が続くと結構胃腸炎が辛いですよね。二日酔いの辛さったらないですよね。

ここでは、二日酔いで寒気や吐き気がある時の対処法について紹介していきますね。昨日は楽しく飲んでいたのに、翌日になると酷い頭痛や吐き気、寒気に襲われる二日酔いって一体なにが原因でしょうか?少し調べてみましたよ。特に、アルコールを摂取すると血管が拡張されます。その為、胃腸炎がよくなります。それで、体は体温が上昇していると認識し、体外へ熱を放出することで寒気が引き起こされるのです。不愉快な二日酔いの寒気や吐き気などの対処法として、アルコール摂取により悪寒が起こっている体を守るため体を温めましょう。温かくして体を休めておかないと二日酔いの次は胃腸炎になりがちなので気を付けてくださいね。急性アルコール中毒だった!?なんて可能性もありますよ。急性アルコール中毒の症状として、大量のアルコールを短時間で摂取することで、血液中のアルコール濃度が上昇し、中枢神経の働きが鈍感になってしまい、胃腸炎がみられます。短時間でアルコールを大量に摂取することにより、一気に血中アルコール濃度が上がり、急性アルコール中毒が引き起こされます。またアルコール濃度の高いお酒も危険です。お酒は楽しく飲むのが一番です。ほどほどの量で楽しみましょうね♪

胃が痛い女性に最も多い原因