Skip navigation

8年ぐらい前にクレジットカードを使いすぎて強制解約されたんだけど、請求書はわすれたころに送られてきた感じ。でもネットで調べたら時効にできそうだったんで司法書士さんに相談したら返さずにすみそう。

時効になればブラックリストも消え去るのか15年前の借金には時効があります。

例えば自身から15年前の借金の時効は10年で、物品購入の時効は2世代になっています。

他にも例えば飲み屋の振りかけなども時効があり1世代です。

金融サロンからなど利得目的で貸された15年前の借金は5年になります。

なんとなくネットで調べて携帯電話の借金時効はいつか?をみてよかった。

ですが、時効の援用をすると確実にブラックリストに載ることになります。

なぜなら受領、返済をしない、ということになりますから、金融店頭としては二度と貸さない、となるのは自然なことですよね。

ブラックリストというのは、金融信報知がとっても悪い人といえます。

破綻やランダム整理などもそうです。

ブラックリストに載ってしまったらどうすれば切れるのかといえば破綻などの報知自体はチャンスで消えます。

しかし15年前の借金を放免されたその組合が持ち合わせる名簿から却下されたのかどうか、は別テーマになります。

殊更その組合にとっては15年前の借金時効で債権が消えたことは敢えて報知として無くす必要があるようなことではないので、もう恒久降りることはないといっても過言ではないでしょう。

ですが、そこで15年前の借金が時効になった、についての報知自体は切れることがあります。

ブラックリストと一般的に言われているものは個人信用情報jiccに災厄報知があることを言われています。