Skip navigation

最近の就職観の傾向についてです。不景気が世界的に広まっている影響もあり、多くの企業が新卒者の採用を減らしているようです。
就職観というと、例えばスキルの1つとして、英語の習得状況を気にする人がいますが、それはある意味で間違っており、ある意味で正解とも言えます。

どのような就職観を、就職率が低迷している中、学生達は実際に就職活動をしているなかで持っているのでしょう。

最も学生の就職観で多かったのは、とある調査によると、楽しく働きたいという事だそうです。

多かったのは、個人の生活と仕事を両立させたいという意見だといいます。

ほとんど20年前に調査された就職観と変化していないということです。

学生の就職観に最近多いのは、人のためになる仕事をしたいという意見だそうです。
人の為に仕事をしたいと思うならなおさら、英語を習得するとその幅が広がるのですが・・・
なぜかそれに気が付いていない学生さんが多すぎる気がします。

ボランティア精神を就職観に盛り込むのは、昔に比べてなかなか特徴的なことだそうです。

就職観として、社会という組織からの制約と合わせて、自己を生かそうとする気持ちをバランスよく考えている人が現代の若者は多いといえるでしょう。
こんな英語サイトもある事を是非チェックしておいてもらえると嬉しいのですが・・・・
http://speed-fan.jpn.com/
就職難の時代においては、興味のある仕事や自分のやりたい職業に就くことは、とても難しくなっているのも事実です。

いかに自分にとってやりがいを見出すかが、就職にとって重要なことです。

自分自身への充実した時間の過ごし方や社会への貢献などについても含めて、会社や仕事だけにとらわれるのではなく、自分の満足する就職観を広い視野で持つことが大切なのではないでしょうか。

今後も就職難は続いていく事が予想されますが、それでも例えば英語を身につけるなど、あなたの自信につながるようなスキルを1つか2つもっているだけでもそうとう有利になるとおもいますよ。

就職観を描く前に、英語などのスキルを身につけましょう。