Skip navigation

爪の色と体の健康には深い関係があります。例えば白い爪をしている場合、

それはどんな体の状態を表しているということができるのでしょうか。この白い爪ですが、点状爪甲白斑といういうふうに言われています。爪に白い点が出るということもあります。いつの間にか現れ、爪甲の伸びとともに先端向かって移動し、またいつの間にか消えてしまいます。この白色の爪の中でも特に注意をしなければならないのは何でしょうか。それは、点状爪甲白斑ではありません。それは政治になってから爪が白く濁ってくる場合です。昔から肝硬変になると爪が白く濁ると言われています。やはり肝臓の病気、特に肝硬変の疑いがあるということができるでしょう。ですから、最近爪が白く濁ってきたかなと思えるようでしたら、一度内科にかかって見るようにすることができます。手遅れになることが内容にぜひ注意するようにして行きたいと思います。他にも気をつけるべきことがありますが、それについては別の機会にまた、書いて行きます。ヴァイトロジーリンクルエッセンス 口コミ