Skip navigation

友人の紹介でスーパーのアルバイトを始めました。その当時小規模ではありながら4店舗を経営していました。
その内地元の店舗の肉屋に入りました。肉の成型などは社員がやるので主にラップや簡単な詰め物作業。ひき肉を作るなど。慣れてくれば多少成型はさせてもらえました。肉屋のやりがいはそんなになかったかもしれません。

次に同じスーパーの魚屋に入りました。最初は肉屋と同じで簡単なラップや詰め物作業。寿司ロボットが握ってくれるシャリにネタを乗せて握りや巻物も作りました。作業してるところが1人なので、お腹が減ったら自分でいくら軍艦など作って食べてました。

どんどん慣れてくると冷凍の鮭の切り身を作ったり、惣菜で使う魚を三枚におろしたり、当然店舗に出す魚の三枚おろしなどもできるようになりました。

今まで包丁も握ったことのなかったところから、魚屋に入ったことで得意げに三枚おろしなどのスキルを身に付けることができました。
最大の魅力は豊富な魚介類が試食として食べれたりすること。食が好きな私にとっては最高でした。