Skip navigation

夏の思い出の為に登山をした32才の女性が、紫外線対策不足で頬周りにニキビと茶くすみが複数できてがっかりしているという話を聞きました。
ニキビの原因は、ホルモン状態の変調を始め不安以外にも、器官の不調など様々におよんでいるので複雑です。ホルモン分泌の崩れとストレスは、脂分の分泌を活発にし、それによってどんどんアクネ菌を増やしていきます。かつそこをベースにアクネ菌が広がり、ニキビの元凶となります。適切に洗顔の基本を守れてもまだダメです。十分なすすぎが必要です!額の際辺りに洗顔フォームが残っていないか心がけてほしいのです。ぬるいお湯を準備して十回を目処に残らず洗い流してあげましょう。不十分なゆすぎはアクネ菌の栄養となり、余計にニキビが増えてしまうでしょう。睡眠時間もポイントです。ニキビ予防が出来ます。午後十時に寝て午前二時に起きれば効果的な時間帯です。そうすれば、皮膚を活性化していくのですでにできたニキビを消すに加えて事前の防止まで可能です。緊張感が緩和されれば、なお効果が感じられるでしょう。また最近は、顔の茶くすみを消す為に、ブライトピュアを使ってます。ブライトピュアについてはここから→効果なしのブライトピュアのシミ消しとは